2019GW 海外自転車ツーリング ~デスバレー編~

どうもkoheiです。

前回に引き続きアメリカツーリングの記事です。

前回までの記事はこちらで

kohei-tourist.hateblo.jp

kohei-tourist.hateblo.jp

ツーリング3日目 ~デスバレーへ~

f:id:kohei_tourist:20190622230117j:plain:w600
3日目は日の出とともにスタート。Ridgecrestから Trona Wildrose Rdをひたすら北上します。

f:id:kohei_tourist:20190622230508j:plain:w600
どこまでも広い。何キロ先まで見えるのだろうか。
オープンワールドゲーム的に言う「見えてる範囲全部行けます」を体感する。

f:id:kohei_tourist:20190622230918j:plain:w600
奥に見えるのはSearles LakeというDry Lake. カリウムなどのミネラル精製工場が並ぶ。
工場付近には小さなショップがあります。
逆に言うと、この日のゴール"panamint Springs"まで80km、お店なし。

f:id:kohei_tourist:20190622231644j:plain:w600
道が、消える。2時間くらいずっとこの景色。
たまに米空軍の飛行機が飛んできます。

f:id:kohei_tourist:20190622231851j:plain:w600
峠を越えると、さらに広がる荒野。

f:id:kohei_tourist:20190622232205j:plain:w600
どこまで下りて、どこへ向かうのか、広すぎてわからない。

f:id:kohei_tourist:20190622232811j:plain:w600
猛烈な追い風で一気に北上。気温がぐっと上がってくる。

f:id:kohei_tourist:20190622232927j:plain:w600
Ridgecrestから約100km, ようやくDeath Valley National Parkに入ります。


f:id:kohei_tourist:20190707165050j:plain:w400
f:id:kohei_tourist:20190707165139j:plain:w400

この日はPanamint Springsのキャンプ場で宿泊。レストランやショップがあるので助かります。

f:id:kohei_tourist:20190707165452j:plain:w400
アボガドバーガーがうまい。

f:id:kohei_tourist:20190715161150j:plain:w600
キャンプ場からは素敵な星空が見れました。


この日は圏外でうまく記録できず。電波すらなかった。

ツーリング4日目 ~デスバレーを走る~

f:id:kohei_tourist:20190707170414j:plain:w600
翌朝、キャンプ場から見える行く末。
Death Valleyの中心部に行くためには1500mの峠を越えなければなりません。
キャンプ場から約1000mUP。いきなり、心が折れそう。

f:id:kohei_tourist:20190707170827j:plain:w600
振り返ればはるか彼方にPanamint Springsが。
結構登った気がするけど、まだ1/4くらい。


f:id:kohei_tourist:20190707171357j:plain:w600
f:id:kohei_tourist:20190707171518j:plain:w600


f:id:kohei_tourist:20190707171747j:plain:w600
勾配がきつい道をひたすら登る。

f:id:kohei_tourist:20190707180318j:plain:w600
峠を越えると、広大な砂漠が見えます。
ここから標高0mまで一気に下り。

f:id:kohei_tourist:20190707180641j:plain:w600
砂丘!砂がとにかく暑い!やけどしそう。

f:id:kohei_tourist:20190707181102j:plain:w400
Extreme Danger
滞在時、10 AM過ぎてましたが、ホントに暑かった。

f:id:kohei_tourist:20190707181209j:plain:w600
砂丘を横目に走る。標高0mほど

f:id:kohei_tourist:20190707230651j:plain:w600
死の谷と呼ばれる荒野が延々と続く。何もない。

f:id:kohei_tourist:20190707231249j:plain:w600
と思ってたら突然現れるリゾート地"Furnace Creek"
この荒野の砂漠のど真ん中に、ゴルフ場からなんとプールまである。
まさにオアシスである。

この時期はキャンプ場がほとんど閉まっていて、数少ない空いていたSunset Campgroundで宿泊。
キャンプ場というよりは、駐車場?な感じです。シャワーは、リゾートプールのシャワーを利用します。

割高ですがホテルのショップで食材の調達も可能です。
翌日もほとんどショップがないので、ここで翌日分の補給を済ませます。

f:id:kohei_tourist:20190707231937j:plain:w600
この日も星がすごかった。


ツーリング5日目 ~デスバレー脱出~

f:id:kohei_tourist:20190707232949j:plain:w600
赤く焼ける山脈を見ながら出発します。

Death Valleyから抜けるルートは、
・Death Valley Junction経由(補給地点まで100km + 900mUP)
・DeathValleyの最低所であるBad water(海抜-86メートル)経由(補給地点まで120km+1400mUP)
があります。

今回は、翌日中にはLasVegasにつくことが必須なことを考え、Death Valley Junction経由にしました。
アメリカスケールデカすぎる。。。

ということで、海抜-50mから900mの峠を越えです。

f:id:kohei_tourist:20190707233100j:plain:w600
キャンプ場から10kmほどでView SpotのZabriskie Pointがあります。
どうすればこんな地形が出来上がるのか、地球の神秘を感じる。

f:id:kohei_tourist:20190707233651j:plain:w600
峠を越えるとおなじみ、何もない直線。植生が変わったのを感じます。

f:id:kohei_tourist:20190707233802j:plain:w500
50kmほどで集落?"Death Valley Junction"があります。が、ホテルが一つあるのみ
レストランもショップもなし。補給地点にはなりません。

f:id:kohei_tourist:20190707234000j:plain:w500
あ、ネコはいた。

f:id:kohei_tourist:20190707234342j:plain:w600
おなじみの何もない(以下略


f:id:kohei_tourist:20190715161547j:plain
f:id:kohei_tourist:20190715161511j:plain

この日はPahrumpのSaddle West Hotel Casino RV Resort泊。
近くのメキシコ料理がおいしかった。


ツーリング6日目 ~ラスベガスへ~

最終目的地ラスベガスへ。
ここまで来たら目と鼻の先...といいつつ、まだ100km + 1000mUPが立ちはだかる。

f:id:kohei_tourist:20190715162515j:plain:w600
車の通りも増えてきた。

f:id:kohei_tourist:20190715162745j:plain:w600
峠付近は絶賛工事中でなかなか辛い道でした。
奥に見える白い山はCharleston Peak(3600m)?だろうか

f:id:kohei_tourist:20190715163010j:plain:w600
そして、ついに、ラスベガスが見えた。

f:id:kohei_tourist:20190715163229j:plain:w600
Paris Las Vegas@ラスベガス着
最後はちょっと豪華に宿泊(安かったけど)


f:id:kohei_tourist:20190715163502j:plain
f:id:kohei_tourist:20190715163542j:plain

ラスベガス観光のおすすめは、カジノはさておき
エッフェル塔展望台の夜景とショーです。

夜景は想像以上のスケールでした。
また、今回はLe:reveを見に行きましたが、360℃の水上ステージは圧巻です。おすすめ。
www.wynnlasvegas.com

こうしてロサンゼルスから680kmの自転車ツーリングは無事に終了しました。


エピローグ

翌日にレンタカーを借りて、自転車を載せてロサンゼルスへ。
680kmの道のりは(ルートは違うけど)車でわずか4時間ほどでした。

ロサンゼルスはちょい観光して、Warner Bros Studioだけ見に行きました。
頻繁にツアーが出てるので(30分間隔くらい)タイミング合わせやすいです。

そして行きと同じ便で日本へ帰国しました。

振り返り

bad waterを行けなかったのが心残りですが、特に大きなトラブルもなく
アメリカの大自然を(嫌というほど)満喫できました。
警戒していた暑さもこのGWは大したこともなく、かつ向かい風に大いに助けられました。
ルート選び、時期選びは大切です。

今回走った場所周辺だと、グランドキャニオン付近も面白そうですね。
また機会が作れれば、行ってみたい場所です。

以上、アメリカツーリングのまとめでした。

ではでは

2019GW 海外自転車ツーリング ~アメリカ出発編~

どうもkoheiです。

前回の記事に引き続き、アメリカツーリングについて
もう少し詳しく書いていこうと思います。

全体のまとめ記事はこちらで
kohei-tourist.hateblo.jp

ツーリングの始まり

今年の1月ごろのこと、
何気なく先輩と次のGWは10連休だし何しますー?と話していて
アメリカツーリングの計画を聞いたのが、今回行くことになったきっかけでした。

海外ツーリング経験は何度もありましたが、自転車@アメリカは初挑戦です。

10連休のGWでも穴場の深圳~ロサンゼルス便

2019年のGWはこれまでにない、10連休という超大型連休。
それに伴い、飛行機の値段は非常に高騰していました。
(自分がツーリングを決めたのは2月上旬でしたが、東京~LAXの直行便は往復40万円近くに...)

そんな中、観光需要がまだそれほど高くない?深圳を経由したロサンゼルス行き中国国際航空を利用しました。(深圳~ロサンゼルス間は往復5万円台。破格です。)

中国国際航空は自転車は無料受託手荷物の重量(アジア~アメリカの国際線は20kg×2まで)以内であれば無料です。

https://www.airchina.jp/JP/JP/info/checked-baggage/special-baggage-fees.html

飛行機輪行の方法は段ボールを使う、専用のケースを使う、などの方法がより安全ですが
今回は普通の輪行袋で空輸しました。これがベストかどうかは正直微妙です。

リアディレーラー外してガムテープ+タオルで保護、フレームはカバーをまく、マットレスで自転車を覆うなどは一応してます。

f:id:kohei_tourist:20190620002401j:plain:w400

Los Angelesを深夜に走り出す

無事に飛行機にて、ロサンゼルスに到着しましたが、さっそくトラブル。
飛行機が遅延+入国審査に予想以上の時間がかかり、予約していたレンタカー屋さんにたどり着けず。
当初はロサンゼルス到着次第、すぐにレンタカーを借りてラスベガスに向かう予定でした。

すでに時刻は深夜2時過ぎ。

迷った末、僕らは深夜のロサンゼルスを走りだしました。

f:id:kohei_tourist:20190621223856j:plain:w400
Hollywood TCL Chinese Theaterの前を駆け抜ける

アメリカ・スケールの始まり

Hollywoodを駆け抜け、San Fernandoの鉄道沿いのサイクリングロードを進み、Santa Claritaを抜けていくと広大な自然が現れ始めます。どこまでも続く道。どこまでも続く世界。

f:id:kohei_tourist:20190621230113j:plain:w600
f:id:kohei_tourist:20190621233403j:plain:w600
天気がよいとそれなりに暑いですが、20~25℃くらい?
f:id:kohei_tourist:20190621230221j:plain:w600

ロサンゼルスからはひたすら登り勾配。Palmdaleに入る手前で下り基調になります。
Palmdaleに入ってからは驚きの追い風でした。
逆ルートでよかった。

f:id:kohei_tourist:20190622233451j:plain:w600
アメリカの鉄道は地平線に消えていくほど長い

アメリカンフード

ロサンゼルス周辺でやたら見たCarl's Jr。
アメリカにしかないのハンバーガチェーン店だ!と思って入ったけど、東京にもあった。

f:id:kohei_tourist:20190621230732j:plain:w400

だんだんお店も少なくなってくるので、スーパーでチキンやフルーツ買ったり。

f:id:kohei_tourist:20190621231410j:plain:w400

初日はRosamondのモーテルで1泊しましたが、
モーテル近くのお店GUIDO'Sがいい感じでした。

f:id:kohei_tourist:20190621231640j:plain:w400
ちょっと懐かしさ感じるアメリカテイスト
f:id:kohei_tourist:20190621232722j:plain:w300
f:id:kohei_tourist:20190621232557j:plain:w400
ピザがでかい。hot wingsがうまい。

果てしなく続くアメリカンハイウェイ

Rosamondを超えると、建築物もだいぶ減ってきます。
ひたすら、Route14を北上し、まっすぐ、まっすぐ。

f:id:kohei_tourist:20190621233903j:plain:w600

f:id:kohei_tourist:20190621234205j:plain:w600
風車が多すぎる。アメリカンスケール

f:id:kohei_tourist:20190621233917j:plain:w600
Route58との交差点

Rosamondから60kmほど行くと、Red Rock Canyon State Parkが現れ始める。

f:id:kohei_tourist:20190621234438j:plain:w600
登ってるんだけど、景色が壮大過ぎてよくわからない。

f:id:kohei_tourist:20190621235423j:plain:w600

f:id:kohei_tourist:20190621235645j:plain:w600
Red Rock Canyonを越えると再び直線。何もない。やばい。

店も一軒もない。補給地点無し。昼ごはんくらいお店で食べるかと思っていた自分がいました。
お店があるのはさらに50km以上先。アメリカやばい感をこの辺から感じてきます。

f:id:kohei_tourist:20190621235046j:plain:w600
街があったと思ったらGhost town...

f:id:kohei_tourist:20190622000751j:plain:w600
ようやく街が見えてきた...?

2日目は上の写真の奥に見える、Red Rock Canyonから60kmほどの町Ridgecrestで一泊しました。
Ridgecrestは巨大スーパーもあるし、飲食店も豊富だし、一通り何でもそろう街です。

写真撮るの忘れちゃいましたが、ベトナム料理店がおいしかったです。
goo.gl

走行記録(アメリカツーリング1日目/2日目)

1日目


2日目


次回

次回はメインとなるデスバレー編をまとめたいと思います。

ではでは

2019GWにアメリカのデスバレーをツーリングした話

2019年GW10日間を使って自転車ツーリング@アメリカに行ってきました。

ルートはLos AngelesからLas Vegasまでの約700km。

壮大なスケールの大自然に圧倒されました。

 

今回はツーリングの装備、その準備、概要について話をします。

詳細なルートについては、また別の記事にて。

 

f:id:kohei_tourist:20190601233204j:plain

f:id:kohei_tourist:20190612010013j:plain
f:id:kohei_tourist:20190612010033j:plain

f:id:kohei_tourist:20190612005915j:plain

f:id:kohei_tourist:20190612005904j:plain
f:id:kohei_tourist:20190612005850j:plain

日程

2019/4/27 HND -> KIX -> SZX -> LAX

4/27 LAX 23:00着

4/28 Los Angeles ~ Rosamond

4/29 ~ Ridgecrest

4/30 ~ Panam Springs

5/1 ~ Funace Creek

5/2 ~ Pahrump

5/3 ~ Las Vegas

5/4 ~ Los Angeles(レンタカー)LAX発

5/7 帰国

装備

飛行機の重量制限があるので自転車含めて40kg以内、かつ預け荷物二つになるようにします。

キャンプ想定で寝袋等も容易。テントは同行する先輩のものを一緒に使うことに。

服は3日間分くらいで洗濯しながら進みます。

 ざっと上げてみるとこんな感じ

  • かばん類
  • 自転車関連用品
    • 自転車
    • ヘルメット
    • 空気入れ
    • ボトル
    • キャリア
    • 工具類
    • スペアチューブ
    • チェーンオイル
    • ヘルメット
  • 旅行用品
    • 着替え類(半袖、インナーはすべて長そで、ハーフパンツ、タイツなど)
    • レインウェア
    • ウインドブレーカー
    • 洗面用具
    • 常備薬
    • ネックゲーター
    • SIMカード
    • スマホ/タブレット
    • カメラ
    • モバイルバッテリー
    • サンダル
    • 日焼け止め
  • キャンプ用品

f:id:kohei_tourist:20190601234352j:plain

 

暑さ対策に、と買ったmontbellのネックゲータが涼しげでよかったです。

webshop.montbell.jp

 

ルート

詳細なルートはStravaを参考に。

一部、GPSが不調で正しく計測できなかった日があります。

 

今回のツーリングのポイント

Death Valley

ja.wikipedia.org

 

今回のツーリングのメインスポットはDeath Valleyです。

世界最高気温56.7°Cを記録した死の谷と呼ばれる場所です。

 

世界最高気温記録場所...と警戒していましたが、今回は30℃前後だったかと思います。

むしろLA周辺は長袖でないと肌寒いくらい。

ただし、砂漠地帯は日差しはきついので日焼け止めは必須です。

 f:id:kohei_tourist:20190612004710j:plain

宿泊

キャンプ用品は持っていきましたが、実は使ったのは一度だけで、他はすべてモーテルに泊まりました。1泊1部屋70~90ドルほどで2人で分けた感じです。Maps.meやGoogle mapでモーテルのある街を探しながら進みました。

f:id:kohei_tourist:20190612004354j:plain

自転車と寝る

実は当初は逆ルートを考えていて、ラスベガスからロサンゼルスを目指す予定でした。(LA行きの飛行機が遅延してLas Vegas行きのレンタカーが借りれなくなった)

結果としてはこれが後を奏して、大半の経路で追い風で走ることができました。

アメリカは風を遮るものも何もない道路を行くことになるので風向きを考慮してルートを決めることがツーリングの難易度に大きく関わります。

 

f:id:kohei_tourist:20190612005121j:plain
遮るものなどない

 

補給地点

これが辛かったところ。補給地点が結構限られます。

車社会のためか次の町まで100kmお店無しとかザラです。

事前に食料や水は買い込んでおいて、日中はひたすら100km走り続け、集落についたら翌日分含めて買い込む...という感じです。

 重量もかさむので結構気を遣う部分でした。

 

f:id:kohei_tourist:20190612005404j:plain

休む場所もなく道端で休憩

情報収集

現地の情報収集用にSIMカードを買ってきました。が、残念ながらdeath valley周辺は圏外で使えず。残念ながらあまり活用出来ませんでした。Los AngelesやLas Vegasでは問題なく使えたので、場所がニッチ過ぎたのかもしれません。

  

 

まとめ 

 アメリカをツーリングするのは今回が初めてでしたが、日本とははるかに違うスケールの大自然を感じることができました。そのスケールの大きさも相まって、自転車ツーリングの難易度は低くなく、延々と続く道を走り続けたり、補給のない道と容赦ない日差しで体力を奪われたり...と、結構ハードなところも多々あるのも事実です。しかし、日本では絶対に味わえない体験がそこにありました。 

 

なかなかまとまった日程が無いと行きにくいですが、広大な自然を見に行く価値はある国です。まだまだ行きたい場所がたくさんあると改めて感じさせるツーリングでした。 

 

また各日程の細かなルートについては別の記事にて 

 

ではでは

 

はてなブログはじめました(tumblrから移行しました)

tumblrから移行しました。

自転車ツーリングや登山、そのほか旅行に関する情報をゆるりと発信してきます。

 

f:id:kohei_tourist:20190602001042j:plain

f:id:kohei_tourist:20190602001016j:plain
f:id:kohei_tourist:20190602000804j:plain

f:id:kohei_tourist:20190602000746j:plain

 

過去にtumblrに記載した記事はこちらから

https://kohei210112.tumblr.com/

2019/5/26 竜ヶ岳登山

ダイヤモンド富士でも有名な山梨百名山、竜ヶ岳に登ってきました。

 

f:id:kohei_tourist:20190601235233j:plain

 

登山口は本栖湖のキャンプ場から行けるので、都内から車で2時間ほど

 

竜ヶ岳山頂までは高低差600mくらいで、往復4hほど目安で行って帰ってこれます。

途中から笹原の中を歩くような形になり、富士山を含めて抜群に展望がよくなります。

 

比較的初心者向けにも気軽に行ける山ではないでしょうか

 

詳細なルートはこちら

 

yamap.com